葉酸サプリの選び方

 

葉酸サプリの選び方は?妊活中・妊婦に人気のサプリ特集!

 

葉酸には天然タイプのポリグルタミン酸型と、合成タイプのモノグルタミン酸型があります。

 

吸収が良いのはモノグルタミン酸型葉酸で厚生労働省では、モノグルタミン酸型葉酸を1日400μgの摂取を推奨しています。
天然タイプでは吸収力が劣るため倍の800μgを必要摂取量としています。

 

なので、葉酸サプリを選ぶ際には、モノグルタミン酸型なら400μg、ポリグルタミン酸型なら800μgの表示があるものを選ぶことがポイントです。
葉酸の過剰摂取は赤ちゃんにも母体にもよくないので、必要以上に含有量の多いのは避けた方がいいでしょう。

 

そうなると吸収率のよいモノグルタミン酸のほうがいいような気がしますが、自然由来から製造された葉酸の方が安心だとすれば、ポリグルタミン酸型を選ぶのが無難かもしれません。

 

また葉酸サプリを製造している工場の管理体制や検査などはどうなっているかもチェックしたほうが良いでしょう。説明書やパッケージをよく読んだり、ネットでHPをチェックするのもいいでしょう。

 

そして海外製の安価な製品などには、1日の摂取量が配合されていないものもありますので、注意が必要です。

葉酸サプリの飲み方

 

葉酸サプリの選び方は?妊活中・妊婦に人気のサプリ特集!

 

葉酸はサプリメントによって効果的に必要量を摂取することができますが、むやみに飲めばよいというものでもありません。飲み方によっては効果を減少させてしまうこともあります。より効果が出て、副作用の心配がない飲み方があります。

 

<飲むタイミング>
食前や食間は空腹時ということもあって、葉酸の吸収率が高くなるのがメリット。
デメリットは空腹時であるため、胃酸の分泌が少ないため、上手に消化されず吸収率も下がる。また胃弱の人はサプリといえど胃痛を引き起こす可能性があります。

 

食後に飲むと胃酸がたくさん分泌されるので、消化吸収がよくなります。妊婦さんや胃弱の方に向いています。
デメリットは食前・食間に比べると葉酸の体への利用率は低くなりがちです。

 

以上を踏まえて、胃に問題を抱えていなければ、空腹時に飲んだほうがよさそうです。

 

葉酸は水溶性ですから、飲み方や飲む量の加減によっては尿として排出してしまうので、しっかりと体内に吸収させるような飲み方をしたいですよね。

 

それには1回に一日の必要量を飲んでしまうのではなく、何回かに分けて飲むといいのではないでしょうか。
1日4錠で400μgであれば、2〜3回に分けて空腹時に飲んでもいいでしょう。

 

充分な量の水あるいは白湯で飲むこと、決してアルコールやコーヒー、お茶などでは飲まないでください。

 

葉酸サプリは薬ではないのですが、風邪薬など薬と一緒に飲むと効果が減少したり、薬の効果が減退することがあります。併用しないほうがいい薬の例として、
抗がん剤・合成抗菌薬・コレステロール降下薬・睡眠薬・抗けいれん薬・抗うつ薬・抗炎症薬・抗生物質・経口避妊薬・解熱鎮痛剤などがあります。

 

サプリを空腹時に飲んで、処方された薬などを食後に飲むなど薬を優先するようにしてください。

 

葉酸サプリの副作用

 

葉酸サプリの選び方は?妊活中・妊婦に人気のサプリ特集!

 

どんなサプリでも同じですが、副作用が心配です。特に妊娠中に摂取するサプリならなおさらです。赤ちゃんのことを考えたら口に入るものは全て気になります。

 

葉酸サプリは厚生労働省の推奨にもあるように、1日400μg摂りたいのですが、食品からそれだけの量を摂るのは難しく、サプリメントに頼らざるを得ません。厚生労働省からはサプリメントで積極的に補うよう母子手帳などに記載があります。

 

葉酸サプリは基本的に安全性の高い栄養成分で、水溶性のビタミンなので余分に摂取しても尿として排出されます。ですからそれほど神経質になる必要はなさそうです。

 

しかし葉酸サプリの中には、「食品添加物」が含まれているものがあり、その種類も様々なので、購入前にきちんとチェックする必要があります。
特に注意したいのが、”ショ糖脂肪酸エステル”と”アセルスファムカリウム”。

 

どちらも胎児が染色体異常(ダウン症など)を引き起こす原因になると言われています。

 

また、葉酸の過剰摂取をすると起こる症状として
不眠症・吐き気・かゆみ・むくみ・食欲不振・発熱・じんましん・呼吸障害などの副作用が出る場合があると言われています。葉酸は1日分の摂取上限として1000μg
とされていますから、これ以上の摂取は控えましょう。

 

授乳期に摂りたい葉酸

妊娠したら葉酸を摂取しましょう。と厚生労働省からも葉酸サプリなどを推奨していますが、実は出産を終えてからも葉酸は必要なのです。

 

葉酸の働きで作られる健康な血液が母乳の原材料になっています。葉酸は「造血のビタミン」と言われるほど。血を作る骨髄の細胞分裂に大きく関わっているのです。

 

赤ちゃんは母乳や粉ミルクが栄養源となっています。母乳の場合はママの栄養素を分け与えていることになります。そもそも母乳は血液から作られています。

 

乳房の内部に血から母乳を作る「乳腺葉」がたくさんあり、そこが母乳をつくる場所なんです。赤い血から白い母乳ができるというは不思議ですが、母乳の白さは血液中のタンパク質や白血球、そしてアミノ酸から生成されたカゼインミセルなどによって白くなります。

 

母乳は赤ちゃんの総合栄養食であると同時に免疫の一部です。その母乳に含まれる免疫物質が赤ちゃんをウィルスなどから守っているのです。

 

赤ちゃんの成長に葉酸が必要

赤ちゃんが成長してゆくのを見ているとただただ驚かされますよね。ほんの短い間にビックリするほど成長しています。それは細胞分裂が活発に行われているからです。

 

ママの母乳や粉ミルクなどだけで、どんどん成長していると思うと本当にスゴイと思ってしまいます。

 

母乳や粉ミルクには葉酸が含まれていて、赤ちゃんの細胞分裂の働きをサポートしているのです。

 

産まれたばかりの赤ちゃんは小まめに母乳を飲み、体が大きくなると回数は減りつつも飲む量は増えますから、ママは母乳を作るために葉酸をしっかり補っておくことが重要なことです。

更新履歴